バックナンバー:2009年9月

09収穫の秋

2009年9月29日

マスカットベリーA入荷099月24日 いよいよ収穫の秋到来。

今年のワインの仕込み第一弾として、

山口市仁保より「マスカットベリーA」が入荷しました。

秋の風物詩として定着したかなぁ。テレビ局(山口県内)民放3局が取材に来てくれました。

09.9.24取材

久々のテレビ出演に緊張。冷夏と言われた夏をものともせず、例年通りの糖度で収穫された農家の技術力に敬意をしめしたつもりでしたが・・・・通じたかなぁ。

なにはともあれ、順調なスタートでした。

この日から「穀良都」の稲刈りも始った。

穀良都収穫09.9.24昨年の1.3倍はあるでしょうとのことだが、

29日現在徳見家の収穫がまだ終わっていない。

なんとなく火が付いてきた感じの「穀良都」。

調子に乗って走りたいものです。

いつもながら、こんな背丈でよく倒さずに最後まで育てられるものだ。

この田は田中家の圃場。もう半分収穫が終わっていた。

ちょっと貯めてしまったので、続いて9月26日(土)収穫祭の話題。

今年は78名の参加者で「シャルドネ」を収穫。 09.収穫祭109シャルドネ

思った以上に手間取ってしまい奮闘2時間。

参加者の皆様ちょっとハードでごめんなさいね。

今年は子供を1人として勘定してしまいトータルで参加者が減ってしまったためもある。

収穫の楽しさと、日常の農作業の大変さまで体験してもらえたかも知れません。

恒例のローストチキンのバーベキューのあと足でぶどうを踏むというメインイベント。

子供の部。女性の部。男性の部と経てぶどう4箱つぶすことができました。 09収穫祭2

 つぶしたぶどうを一旦冷蔵庫で保存。

できるだけ早く全部つぶしたい気持ちでイベントにあたる。

ゲストには楽しんで帰ってもらいたい。

また来たいと思ってもらいたい。と思います。

14時に定刻通り終了。

お客様同士、「来年もまた会おうね。」の言葉がたまらなくうれしい。

また来年も「収穫祭」ができる会社でありたいと心から思う。

イベント会場の片づけが終わり、残りの「シャルドネ」を収穫。

約1トン収穫できたが去年よりは100kg以上少なかった。

平均糖度は21度を少し上回った。

「シャルドネ」を搾り終わったのは夜9時近くになっていて半月がとても奇麗だった。

清酒に打ち寄せる波!

2009年9月18日

9/18山田錦平成21年9月18日 

山陽小野田市の伊藤仁さんの田んぼの「山田錦」の様子を見に行きました。

先週の穀良都に比べると植えた時期が遅いこともあり稲穂が青く感じられた。

それにしても、見事に美しい幾何学模様の波型が、風を受け本当の波のように移動する。

「金波、銀波」というがまさしくこの光景だといつも感じます。

 先週は大阪と京都を回り今週は東京、横浜、神戸を回ってきました。

本当に日本酒にとって逆風が吹いているのだろうか。

お店によって温度差は大きいが、平均的に見て日本酒には心地よい波が打ち寄せていると感じられる。

景気さえよければもっと明確に数字が表してくれるに違いないと思う。

真面目に、美味しくなる要素をたくさん集め、農家の皆さんからにじみ出る物語をお酒の物語として、各地をめぐりたいと思います。

山陽オート 穴見選手1000勝記念ワイン限定発売!

2009年9月13日

穴見選手1000勝ワイン山口県山陽小野田市の山陽オートレース場は全国的にも有名なオートレース場で、出張で全国各地を回っても「オートレース場がある所だね。」とよく言われます。

わが町山陽オート所属のレーサー穴見和正選手が8月に通算1000勝の快挙を達成されました。

それを記念して記念ワインを作成しファンの皆様に抽選で配られたのですが、販売を希望する声が多数寄せられたため、急遽発売することとなりました。

9月14日より発売開始いたします。

先着で限定100本(赤720ml・白720ml各50本)

価格は消費税込各1250円(送料別)

メールとお電話・ファックスで注文を受け付けます。

お早めにご注文下さい。

秋進む!

2009年9月13日

穀良都2009.09.13.1今日、穀良都の田んぼに行って来ました。

今のところき順調ということですが、昨年より5㎝~10㎝背が低く栽培できたそうです。

最後まで立てたまま栽培を進めていくのは至難の業だけに、少しでも低いと助かるそうです。穀良都2009.09.13.3

今日は日曜日ということもあり、田植えを手伝った息子も経過を見についてきました。

農家の藤村さんのお話を聞いて喜んでいました。穀良都2009.09.13.2

子供のころから農業に親しむ体験をできるだけさせてやりたいと思います。

強制はしていませんよ。

あと2~3週間で収穫となりますが、台風よりもゲリラ豪雨が怖いといわれておりました。

今年も美味しい山猿を造りますので、最後まで頑張ってくださいね。

さて、ワイナリーの葡萄は気持ち悪いくらい順調に育っています。

冷夏で、水害に見舞われたにもかかわらず、色づきは確かに例年より早く、糖度も乗ってきました。

これからは、虫やタヌキ、鳥との戦いとなります。

カベルネ09.09本当に葡萄の当たり年なのだろうか。

多くの葡萄の樹も10年を超えて円熟期を迎えております。

大切に育てて行きたいと思います。

農業に携わり始めて、収穫を無事に終えて、お祭りを行う気持ちが本当によくわかるようになりました。

見えない力に感謝するこころも大切にしたいものです。