バックナンバー:2009年11月

平成21酒造年度。清酒製造開始!

2009年11月30日

平成21酒造年度は7月1日に始まるのだが、事実上わが社の清酒は11月から始まる。(今年は11月4日蔵入り)

業界全体が慢性的経営難の酒造業界でこの状態が長く続いているために、

変えなくてはならない事ばかり気になり焦る蔵が多い中、実は変えてはならないスタンスを忘れている蔵が多いような気もする。

何のことやらわかり難いと思うが・・・・。IMG_6515

不景気で文化がついてこない来ない時代だから地酒を楽しめなくなっているのに、自らが文化を捨てている蔵。

美味しいお酒を造らなくてはならないのに、何が美味しいかがわからない蔵。

そんな時代にこうして、例年通り但馬杜氏率いる但馬蔵人と共に清酒の製造ができるのは大変幸せなことだと思います。

写真は今年の製造スタッフです。(左から敬称略 佐々木工場長・橋本・山本・私・山本杜氏・城戸)

蔵人にとって賄い(まかない)は最高の楽しみであり健康を保つ上でも大切なものだか、わが社では20年近く私の家内が1日も欠かさず作ってくれています。

昔は賄いのおばちゃんがいて朝早くから夕方まで3度の食事を作ってくれていた。

家内も昼間は社の事務にあたるため昼食のみ仕出しをお願いしているが、たまに母が手伝うものの朝と夜は作ってくれている。

大部分は我が家の家族と同じ献立で、ちなみに我が家は7人家族。家内には心から感謝しています。

今日の夕食はサバの煮付け・白菜と豚肉の中華風・酒の肴・汁物といったところ。IMG_6522

65歳以上の蔵人の皆さんの口に合っているだろうかとか、喜んでくれているかどうかとか、家内はいつも大変気にしていたが今年の蔵入りの宴の際、予想もしなかった事実を聞きびっくり。

宴会で出た何気ない会話の中で、蔵人の一人がカレーライスが大嫌いだということが当蔵に来て3年。はじめて発覚。

いつも献立に頭を悩ませる家内にとってカレーライスは前日から用意のできる救いのメニューだったらしく大変ショックを受けている模様。

どなたかカレーライスに代わるメニューをご伝授ください。

フランスより来客

2009年11月22日

IMG_649711月13日山口ワイナリーにフランスよりジャーナリストのジャンリック・トゥーラブレッスさんとクロード・ソリエールさんが文化・芸術プロデューサーの飯山雅英さんとともに訪問された。

皆さんは16日萩で萩国際観光シンポジウムに参加するため山口県に来られ各地を見て回られるところ、飯山さんと私とのご縁でお立ち寄りになられた。

一番興味をもたれたことは、清酒製造業者のわが社がなぜワイン製造に取り組むことになったかということ。

フランスから来られた方にとっはあまりに狭い葡萄畑をご覧ににられ、あまりに小さいワイン工場をご覧になり、いろいろワインを試飲されました。

シャトーヤマグチシャルドネ2003年は大変良い評価をいただきカベルネソーヴィニヨン2002年はまだ若いとの評価。IMG_6500

そのあと清酒蔵を訪問され一緒にお昼に行きました。

今回の日程に入っていないということで、山陽小野田市で人気のお寿司屋さん寿司Iのカウンターでランチメニューを食べました。

お箸を見事にお使いになられるところに大変親近感が持てました。

予定時間を大幅にオーバーして山陽小野田市から移動されました。

あさ天神秋まつり

2009年11月8日

IMG_6470永山酒造のある厚狭には遠い昔から続く天神祭がある。

近年では宗教的な祭りの開催に批判的な方が現れたため、配慮し「あさ秋まつり」と呼ばれるようになった。

私が子供のころは、多くの露天商が現れ永遠2kmの町筋全体がにぎわい、小銭をねだってはお面や綿菓子を買って友達と歩き回ったものだ。IMG_6484

町の一大行事であった祭りも合併し山陽小野田市になってからはなんだか人出が減って寂しくなったような気がする。

祭りのメインは駅前の華やかなステージではなく、「大行司・小行司」と呼ばれる大名行列と寒い夜に行われる「裸坊」と呼ばれる裸若衆が引く網代車輪であると私は思っている。

近隣の宇部市や旧小野田市内、美祢市と見渡してもこのような歴史のある祭りは無い。

地域として残すべきあIMG_6496るとかねがね思っていたが、今年小学校6年生の次男が小行事に奴さんとして参加した。

数週間に渡る特訓の甲斐あり、投げ渡す槍?を落とすことなく最後まで歩きとおした。

歴史的な背景と伝統文化。

厚狭の若者たちは意外と大切にしたいと思ってくれているようだ。

鉄人28号!

2009年11月1日

28gouこの1週間に2度、神戸へ行きました。

一度は営業で、一度は某異業種交流会の研修を兼ね行きました。

神戸の長田の靴製造会社カワノ株式会社の河野社長様より震災を含め業界の経営のご苦労を伺いました。

貴重なお話しをありがとうございました。

翌日、新長田駅近く若松公園へ「鉄人28号」を見に行きました。

まだ工事中ではありましたが49歳の私にとって大変懐かしく、童心に戻れる光景でした。

僕が子供のころのヒーローと言えば「鉄腕アトム」と「鉄人28号」というのが定番でした。

実は昔、弊社の28号タンクで貯蔵したお酒に「28号」という名前をつけようとしたことがあったが即却下されてしまった。

新長田の町づくりも作者横山光輝さんの作品を中心としたモニュメントで埋め尽くされることでしょう。

楽しみにしています。

いっぱい人が集まる街になって次には「ジャイアントロボ」と「バビル2世」は登場させてほしいですね。

http://www.kobe-tetsujin.com/index.html

今のところ、目が光ったり煙が出たりしないけど、そのうち動き出すかもよ!