バックナンバー:2010年8月

二度目の横浜へ・収穫祭のご案内

2010年8月28日

IMG_8101IMG_8100今週は今月二度目の横浜へ行ってきました。市内の卸売業者さんと市内や川崎市、最終日は厚木や足柄まで足を伸ばしました。

私が学生時代に関東の商売を始めることになりましたが、東京の酒屋さんから始まり最初に紹介された卸売業者さんが神奈川県の卸売業者さんであったり、学生時代の親友が鎌倉生まれで横浜に住んでいたり、意外と馴染み深い街ですが、今まで泊まった事もなく、じっくり腰を落ち着けて市場を回らせていただけたのはこの2,3年の事です。

学生時代と言えば30年前のことですが、授業が終わってから夜中に第3京浜を走りドライブに来たものですが、昼間来ると必ず道に迷い、仲間内では「横浜ドリーミング」と呼んでいました。こうして昼間じっくり回ってみると歴史と港町の風情を感じる街だと改めて感じました。

イメージがなんIMG_8103となく神戸と重なっていましたが、じっくり回ってみると全然違う。

新しいようでレトロな景色がいろいろな所に残っていたり、平地のようで意外と坂が多かったり、仕事を離れてもっとゆっくり周ってみたいものです。

少し前までは横浜駅近辺でわが社の製品が飲めるお店も沢山ありましたが、頑張って復活させたいものです。

来月も伺いますので、飲めるところ、うちの店でやってるとかあそこにあるよとかいう情報がありましたらお寄せください。

来週で9月となりますが、今年も例年通り、恒例の『山口ワイナリー収穫祭』を開催します。

 

山口ワイナリーのスタッフと一緒に農業(収穫)体験をしませんか。

朝10時30分から14時を予定しております。

参加費用は1000円。簡単なバーベキューとお土産ワイン付きです。(足らない方はお弁当持ってきてね。)

尚、先着70名限定とさせていただいておりますのでどうしても参加したい方は予約が必要です。

お早めにお申し込みください。

残暑お見舞い申し上げます。『穀良都』開花!

2010年8月22日

IMG_8178IMG_81828月16日に長門市三隅に「穀良都」の花を撮影に行きました。

お米の花は意外とみた事のない人が多いようで昨年プログで紹介したところ見たことないという反響が多かったので、再び撮影に。

昨年より少し字が早かったので咲き始めといったところ。

今日あたりがピークかも。

この開花時期の天候が大切といわれますが連日のこの異常なまでの暑さがどうなのかちょっと気になります。

わが社はエコ運転実施中です。2分以上停車する場合は乗車中でもエンジンを切るという規則を作ってしまいました。

当然稲穂の撮影中は灼熱の中エンジンを切って田んぼのあぜ道を走り回っておりました。

そして、車にIMG_8185戻って帰ろうとエンジンを掛けようとして・・・・

エンジンが掛らない。明らかにバッテリー上がりです。

まだ買えて2年しかたっていないのにこの暑さのせいかエアコンふる回転のせいかバッテリーがまいってしまいました。IMG_8186

人生で2度目のJAFさんのお世話になりました。

1年間に1万5千km程度走る私ですが入会して約30年で2回目ということは結構もったいないのかもしれませんが、こんな時のJAFさんの頼もしいこと頼もしいこと。

本当は立ち寄りたいところもあったのですが真っすぐカーディーラーに直行しました。

お盆を迎えて思う事。

2010年8月15日

201008130952000画像が暗くて解かり難いが自動車の後ろの石段を普通の家の3階近く登って行ったところに、201008130948000まるで「ととろ」に出てくる神社のように我が家の御墓がある。宇部市車地の二俣瀬小学校の脇というか日吉神社内というような場所です。息子二人を連れて恒例の墓掃除に行ってきました。とは言うものの今までは父が孫を連れて行っていたのですが、入院中のため私自身久しぶりに掃除に行きました。

元々永山家は宇部市小野の出で、この二俣瀬村に出て造り酒屋を開業したが、ここに祭られている曾祖父2代目惣五郎が県会議員をおおせつかり、自分の敷地内に村役場を建てたり小学校を建てたり小野へ行く橋を掛けたり、自腹で結構二俣瀬村へ貢献していたようです。曾祖父自身は新しく建てた、当時栄えていた厚狭に本社を移し、二俣瀬の蔵は弟梅三郎に任せ未練なく厚狭に居を移し本家自体の移動。二俣瀬の蔵は梅三郎から息子の永山大八郎の時代となり永山大八郎酒場として独立し、今ではその孫が分家なのに社名を永山本家酒造という名前に変えてしまったからややこしい。親戚中が大激怒。しかし墓石に惣五郎・梅三郎と兄弟仲良く刻まれているのを見るたびに、9歳違いの兄弟ですが現在まで続く家業の足かがり作るにあたり仲良く協力し合って来たに違いありません。「仲良くせんといかん。」と改めて思います。

IMG_8084IMG_8129継承して来たのは事業だけでなく、二俣瀬や宇部や厚狭の土地などもありますが、7月15日の水害により被害を受けていた厚狭千町の社宅、現在は倉庫としておりましたが、修復よりは解体の方が費用が掛らないということで悩みに悩み解体しました。

厚狭の町の復興を願いながら残念な結果となってしまいご先祖にもご近所にも申し訳ない気持ちでいっぱいです。

合わせて墓石にお詫びを申し上げて来ました。左写真は解体直前右は直後です。もっと広いと思っていたのに崩すと狭いものですね。

わが社も県外出荷は15日16日と休業。店舗とワイナリーは16日から営業しおります。暮れに向けて走ります。

厚狭の町、復興へ。但馬より来社!城戸君結婚。

2010年8月2日

IMG_8019IMG_80187月15日の厚狭大水害から2週間が経過しましたが、町が徐々に復興へと歩を進め始めました。

しかしながら現況は写真の通りまだまだ長い道のりとなりそうです。

まだまだ街の至る所に瓦礫の山が積まれ、解体に掛ったばかりの家もあります。

再び商店街は復活するでしょうか?この機に店を辞めると宣言するところもちらほらと。

今まで閉店していたシャッターのお店も水害を受けシャッターを開けるとそれなりに店舗としてやっていけそうな気もしますが・・・・・

災い転じて福となす。この際汚れた内装をやり替え、店舗として新しい入居者を誘致出来ないかなーと考える。

われわれが高IMG_8024校生のころまでは本屋さん2件ありレコード屋さんもたこ焼き屋さんも数件。多分スナックや居酒屋さんも沢山あったと思います。

規模の違いはあったものの、二年連続で水害をもたらした厚狭川の整備もお願いしたいのです。

安心安全の町として自慢出来る町だったのに・・・・・・IMG_7998

鴨庄と加藤を結んでいた「新橋」の掛け替えも手間がかかりそうです。

最も美祢線は今のところ復旧の目途が立たない。

 そんな中遠路はるばる但馬杜氏組合より杜氏の寺谷進氏(写真右)と事務局の鐘谷氏(写真左)が視察にお見えになられました。

素晴らしい経歴の寺谷杜氏でしたが山本杜氏より少しお若く、次期の永山酒造の杜氏としてお世話になりたいものです。

話はがらりと変わりますが・・・・

8月1日は永山酒造にとってもおめでたい日となりました。IMG_8073

昨年入社の城戸君がお嫁さんをもらいました。

明るくて美しい花嫁さんを聞くところによると7年間お付き合いの末ゴールインとのこと。

これからも職人として腕を磨き、益々頑張らなくてはいけませんね。

美幸さん。城戸君の健康管理はお願いしますね!

二人に幸多からん事を。