バックナンバー:2011年12月

年末年始の営業について

2011年12月29日

111229_094546いよいよ今年も残すところ2日間となりました。

山猿の新酒が山廃仕込みを除いて出そろいました。

特に「あらばしり無濾過生原酒」は人気です。

 

 

年末年始の営業についてですが、

本社小売部 『蔵』 は30日は通常営業。

             31日は朝9時より18時

             1日~3日までお休。

             4日より通常営業致します。

山口ワイナリーは31日から1月3日までお休みです。

ご不便をお掛けしますがよろしくお願い致します。

三隅酒米グループ藤村会長、杜氏を訪問

2011年12月24日

IMG_1472クリスマスイブですが山陽小野田市でも厚狭では雪がちらついています。

今日はその中を峠を越えて、三隅酒米グループの藤村憲彦会長が当蔵に酒米の様子を聴きに来られました。

三隅酒米グループが栽培される「穀良都」という米は背丈が150㎝を超える高さで大変栽培が難しいため現在山口県では三隅酒米グループの皆さんしか栽培しておりません。

ところが三隅酒米グループの皆さんはこのコメを作るための技術を駆使した成果で美味しいお酒が出来ることを生きがいにされておられます。

「どうだ~」という声が聞こえてきそうな皆さんです。

8月2日のブログで紹介した様に、三隅酒米グループのメンバーでもあります角谷先生の指導のもとで、今年も昨年を大きく上回る収穫が出来ました。

寺谷杜氏に今年の米のコンディションを聴いておられました。IMG_1466

寺谷杜氏によれば、「麹菌の引き込み方もよく、比較的ゆっくり溶けてくれたり、大変面白い米。特徴のある美味しいお酒が造りやすい。」と言っておりました。

ご満悦の藤村会長でした。

すでに、「からくち本醸造しぼりたて」「特別純米酒しぼりたて無濾過原酒」「特別純米酒しぼりだち無濾過生原酒」「特別純米にごり酒」の山猿が発売になりましたが、いよいよ明日から「純米吟醸あらばしり無濾過生原酒」の出荷を開始します。

ちゃくちゃくと新春に向けてラインナップが整い始めました。

年内休まず営業しています。皆様も蔵を訪ねてきて下さい。

中国5県限定『人気もん!』に出演します。

2011年12月19日

IMG_1347中国5県で毎週日曜日のローカル番組で各県の町を紹介する人気番組『人気もん!』にこの度出演することになりました。

今週予告編に出ましたので紹介します。

山陽小野田市から2度目の特集となります。前回は「浜のてんぷら屋」さん厚狭名物のうなぎ屋さんの「たけだ」さん「花の海」さんなどが紹介されましたが1年半ぶりの山陽小野田市となります。

内容については書けませんが、永山酒造の蔵と山口ワイナリーの取材をしていただいております。

テレビでおなじみの文字通りの「人気もん」慎吾ちゃんと初めてお会いしましたが待っている間「ふぞろいの林檎たち」の話で盛り上がりました。

「いとしのエリーが流れると思い出しますよ。」と言いましたら慎吾ちゃんからレアな意外な話をゲット!

「ふぞろいの林檎たち」好きの皆様、一緒に飲んだ時にでもお話しましょう。

『人気もん!』放送は12月25日日曜日 テレビ新広島・岡山放送・山陰中央テレビは9時30分から

山口放送は13時から です。お楽しみに。

『人気もん!』ホームページ

http://wwwz.tss-tv.co.jp/ninki

冬到来!仕込み快調!

2011年12月16日

IMG_1386IMG_1382今日の山口県は朝から雪がちらついています。昨日からは「山廃仕込」の仕込みもはじまり冬到来という雰囲気になりました。

昨年から山本杜氏から寺谷杜氏に代わり、特定名称酒の秋からの酒質が向上したと言われ、吟醸クラスが品薄となっています。

お二人の一番の違いは麹の作り方にあるようです。

たとえば、山本杜氏はゴアテックスやヒートテックなどのハイテク素材を多用され理想的な麹作りを行われていたのに対し、機械的に繊細な温度管理を部分的に施せるよう設備しハイテク素材が必要ない麹作りとなりました。

私はこれまで出雲杜氏釜屋さん→熊毛杜氏南さん→但馬杜氏山本さん→但馬杜氏寺谷さんと4人の杜氏の麹作りを見て来ましたが4人とも作りが違います。

同じ但馬杜氏でも違うのには驚きというか、感動しました。「それぞれの杜氏の経験により一番理想的な形でアレンジしているだけで、本当はどれが一番正しいかはわからない。(笑い)」と言われていました。

IMG_1399IMG_1391実際に私が蔵人として一緒に酒造りをしていたのは熊毛杜氏の南さんだけなのですが、次の山本杜氏の作り方とあまりの違いに驚きましたが理論を聴くと納得。

山本杜氏の酒造りと姿勢に随分と感動し酒質自体も向上し「金賞」も受賞しました。

寺谷杜氏に交代してさらに求められる意外な道具が多く昨年は疑問に感じたことも多かったのですが、今にしてみれば納得することばかりです。

優れた技の上に新しい「山猿」や「男山」が造られています。

 

最近facebookを始めました。そちらもご覧ください。

・・・な出張。

2011年12月10日

airumi111203_11593812月3日から常盤公園にて「TOKIWAファンタジア」(宇部日報さんから画像拝借)が来年1月9日まで開催され連日公園内のイルミネーションが点灯されます。わが社も毎年気持ち程度参加させて頂いております。観覧車の下に飾っていますのでので是非見に行ってください。
今週は神戸大阪から神奈川と東京都内を歩きました。

永山酒造のために活躍して頂いた、掛け替えのない方々が、現役バリバリの若さで相次いで2人お亡くなりになりました。私にいつも元気を与えてくださる、とても大切な方々でした。

残念でなりませんが、有山様。角田社長。お二人とも大好きでした。

心から感謝するとともに謹んで哀悼の意を表します。

 

今日は、11年半ぶりの皆既月食が全国的に観察できる日だそうです。

21時半ころから1時過ぎまで、天気が悪い地域が多そうですが月を眺めてみたいと思います。涙がこぼれないように・・・・・

いよいよ師走

2011年12月1日

111125_165520先週から東京神奈川方面に出張しました。

松屋銀座には多くの「ブログ見ました。」という方々にもお越しいただきありがとうございました。

横浜からわざわざお越しいただいた方に。重たいのに色々と3本お買い上げありがとうございました。

1升ビンが品切れのため2種類3本ずつお買い上げいただいた方にもご迷惑をおかけしました。

次回はもっと沢山切らさないように持っていきたいと思います。またお越しください。

お越しいただいたすべての方々に感謝します。ありがとうございました。

それにしても、外のイルミネーションのきらびやかさに比べ夜の銀座の静かさに「日本は大丈夫か?」と思うの感覚はおかしいのでしょうか?

お酒は社会の潤滑油でありたいと考えます。

忘年会という名の決起大会を連日やろうではありませんか!

「神様にお供えするのにはどんな銘柄のお111201_092856酒が良いのでしょうか?」というお客様に「清酒は日本の五穀豊穣を祈り、収穫に感謝するものとして神様が造る縁起物として永い歴史があるのです。清酒ならどれでも大丈夫ですよ。」とお答えしましたが自分でも自分の言葉に「ああそうだった!」と改めて自分の仕事の意義を再確認しました。

暮れから新年を迎えるに当たり、是非皆さん日本酒を飲んでください。

こんなひどい事が日本に起きた辛い1年ではありましたが、生きて年を越せることに感謝し新しい年を日本のすべての人々が幸せに過ごせるよう願いを込めて美味しい清酒を飲んでください。

IMG_1286帰ってみると、少し遅めではありますが、山口ワイナリーの紅葉が盛りで赤とオレンジと黄色のアンジュレーションが、木の上と地面と両方に楽しめる状況となっていました。

蔵では後1週間もすると新酒の出荷が始まりそうです。

暖かい日が多いので寺谷杜氏も苦労している様子。

からくち本醸造を搾って、特別純米酒を搾って、純米吟醸を搾る予定。

ただし、酵母と相談して決めるそうです。

からくちが10日頃。あとは20日前後かな。

米は去年より良いそうなので乞うご期待!

いよいよ師走のムードになって来ました。