バックナンバー:2012年2月

『掛留』&『大吟醸斗瓶取り』作業

2012年2月25日

IMG_18872月23日に今年度の「掛留」を迎えました。

ちょっとした怪我人は出ましたが、無事コシキ倒しとなりました。IMG_1896

蔵では「掛留」の祝宴を久しぶりに社員と一緒に行いました。

ところが翌日に大吟醸を搾らなくてはなりそうな状態で、ゆっくり寝ては居られそうにありません。

お楽しみの「掛留」の宴でしたが早々に1本締めとなりました。

翌日杜氏は5時に起きてIMG_1897大吟醸もろみの分析をおこない搾ることを決断!IMG_1908

朝から6人掛かりで迅速に木綿の袋にもろみを入れて、小さいタンクの中に袋を吊るしていきました。

蔵中を吟醸の上品で華やかな香が充満しました。

あっという間にタンク中吊るした袋でいっぱいになり、タンクをビニールカバーで密閉し、今度は雫が斗瓶の中に滴り落ちるのをじっくり待ちます。

「金賞間違いなし!」の香りと味と美しさでした。(今のところは)IMG_1878

でも確実に美味しいのは事実です。

素晴らしい今年のスIMG_1916タッフの努力の結晶です。

商品となるのは5月ごろを予定しています。

乞うご期待!

「山猿を呑む会」IN池田市「凡場」さん

2012年2月19日

IMG_1850IMG_1841この3日間は関西方面に居ました。

卸売会社さんの方針説明会に参加して次の日から宝塚市、川西市、茨木市、京都とまわり、今日の最後は池田市の居酒屋「凡場」さんで「山猿を呑む会」をして頂きました。

またまた、木村商店(仮名)さんのご縁により実現しました。

店いっぱいにお集まりいただいた皆さんありがとうございました。

前菜に始まり菜の花和え?、お刺身の盛り合わせ、てんぷら、鯛の焼物、焼き鳥と大根おろしそばの献立に、

最初に濃いあらばしり無濾過原酒・手造り純米酒・特別純米酒・山廃仕込特別純米酒・山廃仕込純米吟醸・からくち本醸造ときてそれらをお燗して折り返し、

一番最後に純米大吟醸にごり酒春の雪舞、そしてそのお燗で締めました。IMG_1864

最終の新幹線IMG_1862に乗るために途中抜けとなってしまいましたが楽しいひと時でした。

参加して頂いた皆さん、満足して頂けたでしょうか?

またお会いしたいと思います。

みなさん本当にありがとうございました。

ご希望があればあなたのお店でも「山猿会」をさせて頂きます。なるべくお酒屋さんとご相談の上、スケジュールもありますのでご連絡ください。

スーパーマーケットトレードショー他展示会シーズンのはじまり

2012年2月14日

IMG_1724IMG_17122月1日から3日のでスーパーマーケットトレードショーが開催され、昨年同様国分株式会社様のブースに「山猿」を2ヶ所飾っていただきました。

今年は2日の夕方に開かれたレセプションを各県が持ち寄りで引き受けることになり、記念すべき第1回目を山口県が主催することとなりました。

「山猿」「寝太郎」「山口ワイン」も出展し全国のみなさんに飲んでもらいました。

休日を久々に東京で過ごすことになり、山陽小野田市のまちづくりの参考になればと川越市に出かけました。

昔の建物がこんなに密集している地域は、京都以外で見たことなく、また、一見ずつの建物の規模の大きさからすると日本有数だと思います。

それにしても、冬の寒い時IMG_1749期にもかかわらず凄い人出でした。

ここまでは無理でも、近い趣は出せるのではないかと思います。

後は、美味しいもの。

美味しいものですよね。

東京の営業から帰った翌日、九州の展示会へ。

博多のホテルオオクラで開催されました。

昨年をはるかに超える人出で、特に九州なのに清酒とワインに関心が集まり始めているのを感じました。

しかも、九州全域から。IMG_1766

厳しい厳しいと言いながらも、生き残るためにニーズを創出したいという意気込みが、我々とマッチすれば打破できるものがあると確信しました。

今週は名古屋で、来週は広島で展示会に参加します。

地域地域のかゆいところに手が届くお酒を造りたいですね。