バックナンバー:2012年4月

寝太郎まつりと龍王山新酒発表会

2012年4月30日

IMG_24894月29日日曜日恒例の「寝太郎まつり」が開催されました。

今年は晴れたり曇ったりの過ごしやすさに誘われて、大勢の人々でにぎわいました。

この祭りの歴史は浅く、はじめは先日のブログに掲載した「寝太郎権現まつり」だけでしたが、「寝太郎」の民話が街づくりにとって重要なキーワードとならないかとして、寝太郎奉賛会が呼び掛けて約20年前より町の行事として開始されたものです。IMG_2501

なかなかメインとなる集客の呼び物がなく、商工会議所から「永山酒造蔵開」をこれに合わせてくれないかという申し出があり共催したものの、最初は4月の初旬に、その内暖かい方が良いという案が出て5月中旬の開催となり新酒の会としては無理もありました。

そんなある日「寝太郎奉賛会」のある品格と常識のある女性役員が「この祭りは永山酒造のための祭りではない!」と怒られたため、喜んで別の日に「蔵開き」を変更させて頂きました。今となっては笑い話しですが。

その後4月29日の祭日に固定し、物語に登場する千石船を曳山に「寝太郎音頭」にあわせて街をパレードするようになりました。

私も、商工会議所青年部の時には千石船を引っ張りました。

特にタレントさんを呼ばなIMG_2507くても大勢の市民に親しまれる祭りとして定着してきました。

昨日のもう一つのイベントは、

竜王黄金の会さん主催の芋焼酎「龍王山」新酒発売セレモニーでこちらも農業関係者を中心に市長、市議会議長をはじめとする行政の方々や大手企業の役員の皆様と会食をしました。

今回はゲストというかたちで、永山酒造契約農家の伊藤仁さんとお仲間が来られ、若手の農家の方々と交流を深めておられました。

初めて会った、無口な農家同士が、お酒がすすむにつれて言葉も滑らかになり一気に仲間になっていく様をものすごく身近に感じ、2時間があっという間に終わってしまいました。

お酒の力の素晴らしさを久々に実感させられました。

お酒って良いですよね!

山口地酒の祭典2012開催

2012年4月16日

IMG_2450IMG_24484月15日日曜日、山口グランドホテルにて「山口地酒の祭典」が開催されました。

15時からは業者の皆様への試飲宣伝会がありましたが、広島県や福岡県からわざわざ多くのお客様がお越しになり、山口県のお酒に対する関心度の高さがうかがえました。

17時30分からはタレントのヤスベエさんの司会による地酒の祭典の開催となり、今年も18社の新酒や自慢のお酒を楽しむことが出来ました。

山猿では、

1位 山廃仕込特別純米酒 無濾過生原酒

2位 大吟醸 斗瓶取り

3位 純米吟IMG_2451醸 あらばしりIMG_2464

の順番で品切れとなりました。沢山持っていたのに申し訳ありませんでした。

特に無濾過生原酒の人気は凄い!

客が客を呼びという感じで、おすすめして飲まれたお客様がほかの方に進められて次々と飲みに来られます。

沢山の蔵がありながら何度も何度も山猿を呑みに来られ、お褒めのお言葉を頂き元気が出ました。

各蔵のお酒を味わうのがメインでしたが、抽選会や川柳大会でも盛り上がりました。

 

最後は新たに「山口地酒大使」に就任された周南料飲店組合の伊藤理事長による頑張ろうコールでお開きとなりました。

ご来場頂いた皆様、また、来年もお是非お越しください。IMG_2469

「さくら」大歓迎!  所沢西武山猿試飲即売会

2012年4月5日

IMG_2391山口ワイナリーの100年を超える桜の老木が、風雨に耐えて今年も咲きました。

4月5日「寝太郎権現際」が開催されました。

時折時雨れる中狭い祠に入り神事を行いました。IMG_2414

終わってから寝太郎奉賛会会長・県会議員さん・観光協会会長のあいさつがあるころには日が差してきました。

昨年の暮れに、三隅酒米グループのご協力により、長い長い幻の復刻米『穀良都』の稲わらをもらいしめ飾りを新調しました。

名付けて「山猿しめ縄」とでも言いましょうか、小さい祠に長いしめ飾りが光っていました。

 

【所沢西武 山猿試飲即売IMG_1732会】

4月7日(土)・8日(日)は、所沢西武百貨店にて山猿試飲即売会を行います。

今年の目玉は「山廃生酒」と「純米吟醸あらばしり」の無濾過生原酒です。

いつもだと、初日でほとんど無くなるため少し多めに納品させて頂きました。

私も7日のお昼には到着します。

是非遊びに来てください。

「さくら」大歓迎!