バックナンバー:2013年5月

4月の報告と5月の予定

2013年5月1日

地酒の祭典【4月14日(日)】

P4140209

山口地酒の祭典・新酒発表会が山口市湯田温泉ホテルニュータナカで開催されました。

14時からの業者様対象の試飲商談会。15時30分から利き酒選手権県予選。

そして17時30分から一般の方を対象とした地酒の集いを、山本県知事をはじめご来賓の方々をお招きして行いました。

250名の募集人員に対して、締めてみれば280名超。大変ありがとうございました。

「山猿」は入賞は逃したものの、食前やデザートタイプが多い山口県産酒の中で、食事と共に真価を発揮するお酒として、今日のお料理と良く合うとお褒め頂きました。

国分焼酎展示会【4月17日(水)】

インターコンチネンタルホテル東京ベイで開催された卸売会社さんの焼酎展示会に参加して参りました。

焼酎人気も下火という中で、次なる焼酎として「米」を掲げておりますが、限定商品を中心に注目を集めておりました。

4月は数カ月ぶりに永山酒造の米焼酎の売上も前年を上回る事が出来、問い合わせも多くなりました。

「芋」から「米」へ・・・新たなトレンドへ発展か?

当日は、国産ワインのコーナーも設けられておりましたが、焼酎コーナーでの出展という事もあり、山口ワインは控えめにシャトーヤマグチ赤白2種類のみ展示、打ち上げの懇親会でほとんど自分のテーブルで呑みました。美味山猿の会堺2しかった~♪

山猿の会イン堺1【4月21日(日)】

大阪府堺市の4月18日に開店したばかりの「いか食堂」さんで「山猿の会」を開催して頂きました。

このお店は、生きたいかを大阪市内に卸す業者さんの直営店。

生きたイカやイワシが大きな水槽の中で泳ぎ回っています。

お昼もやってますが時化でイカが上がらなければお休み。

今回は主に近郷の同業者さんが中心となり、いつもとは雰囲気の違う地酒の会で、多くの参加者が1種類ずつ真剣に試飲をして頂いておりました。

木村酒販の社長さんより13種類そろえて欲しいとのご要望を頂いておりましたが22名でほとんど空になってしまいました。

関西地域の元気を頂いたような集いとなりました。

皆様今度はおたくのお店でやりましょうね♪

431870_301976126601085_1166023808_n【4月27日(土)28日(日)】

日吉東急アベニューさんで「山猿試飲即売会」をさせて頂きました。

6代目候補の永山源太郎が学生なりにおすすめしてお酒を販売したようで、FB友達の石毛さんが左の写真を送って下さいました。

当日は無濾過生原酒系が一番人気だったようです。寝太郎まつり13

それにしても、皆さんご来場ありがとうございました。源太郎も大変心強かったようです。

【4月29日(月祝日)】

恒例の「寝太郎まつり」が厚狭駅周辺で開催されました。

このお祭りは、昭和32年より正式に町のお祭りとして開催されるようになった新しいお祭りですが、もとは前回ご紹介した「寝太郎権現祭」として長い歴史があり、農業の神様として祀られる寝太郎様に五穀豊穣と雨季に向けての天災避けを祈願して行います。

今年はこの町のシンボルとして昭和2年に掛けられた厚狭川に架かる橋「鴨橋」が取り壊されることとなり、寝太郎千石船の曳山が渡る最後という事もあり、「鴨橋に感謝する集」が行われました。

式典の前に、川西対川東対抗の大綱引きが行われ、子供の部では川西が、大人の部では川東がそれぞれ勝ち、絵にかいたような引き分けで追えることが出来ました。

永山酒造も「寝太郎コーナー」に出店しました。

【5月2日(木)】龍王山1800

いも焼酎「龍王山」発売。

今年で発売5周年となりますいも焼酎「龍王山ですが、それを記念して新たに1.8ℓ瓶を発売します。

消費税込参考小売価格 1800ml 3,150円   720ml 1,575円

龍王山についておさらい・・・

竜王山は三億年前に、隆起してできた岩盤の緑色片岩が酸化した赤土で覆われています。この土はミネラルを豊富に含んでおり、それゆえ、昔から竜王山山麓の芋は“旨い”と定評があるのです。[刈谷(竜王山近辺)の芋は5厘高くても買えといわれていた。]

私たちはこの芋にこだわり、芋焼酎[龍王山」が誕生しました。

酒類製造免許の問題で、永山酒造と東京農大の同窓である鹿児島の神酒造にお願いし、貴重な甕などの設備と熟練の技術を借りて製造を開始。今年で5年目となりました。

【5月の予定】

5月15日(水)~21日(火) 大坂タカシマヤ「山猿試飲即売会」

5月26日(日) おのだ住吉まつり「地酒販売」