トップページ  >  山口ワイナリー  >  山口ファームランド

山口ワイン



山口ワインは「葡萄造りを知らずしてワイン造りは語れない」を合言葉に、 本格的ヨーロッパワイン用葡萄品種のカベルネソーヴィニヨン・ シャルドネを中心に、メルロー・カベルネフランの栽培を行なっています。

本来山口県では、雨量の関係でヨーロッパ品種の葡萄は育ち難いとされていましたが、 ワインを製造するに当たり、当地でも栽培可能な葡萄品種があるのではないか、 当地でも可能な栽培方法があるのではないかとの見地から、レインカットを使用した垣根式葡萄栽培により、 現在葡萄栽培をすすめております。

山口県の比較的アルカリ系の土壌により、それぞれの特徴がある葡萄が収穫出来ています。 日本でも有数の、世界にレベルのワイン造りを目指し、現在、日々努力しております。


2006年葡萄の様子

2006年5月1日 若葉が出始めました。
シャルドネの畑

シャルドネの若葉
▲シャルドネの若葉
カベルネソーヴィニヨンが一番遅い
▲カベルネソーヴィニヨンが一番遅い
カベルネフランは2番目に早い
▲カベルネフランは2番目に早い
メルローも少し遅めです。
▲メルローも少し遅めです。
今年は昨年より10日位遅いようです。
▲今年は昨年より10日位遅いようです。

このページの先頭へ

例年の葡萄

9月9日 シャルドネ糖度平均で15度
▲9月9日 シャルドネ糖度平均で15度
去年の2週間遅れといった感じ。
▲去年の2週間遅れといった感じ。
カベルネソーヴィニヨンもまだ固い。
▲カベルネソーヴィニヨンもまだ固い。
9月に入り暑いので日に日に糖度が上昇
▲9月に入り暑いので日に日に糖度が上昇
メルローは色は乗ったが糖度はまだまだ。
▲メルローは色は乗ったが糖度はまだまだ。
やはり2週間は遅れていると思います。
▲やはり2週間は遅れていると思います。
このページの先頭へ