トップページ  >  永山酒造の歴史

永山酒造の歴史



明治20年 永山橘太郎 山口県厚狭郡二俣瀬村(現宇部市)にて酒造創業
明治35年 二代目 永山惣五郎 頭首となる。
明治44年 宇部村に沖の山炭鉱が出来たのを機会に宇部に支店を出す。(大正10年宇部市となる)以後次第に業績を上げ、秋穂(吉敷郡)、小倉(北九州市)、及び厚狭に支店を設ける。
大正8年 厚狭(現本社)に煉瓦蔵造りで当時新鋭の千石蔵が完成。
新蔵の真価を問う意味で出品した京都で行われた博覧会で全国最優等賞を受賞したことを機に、男山の文字の上に金・銀・銅のメダルをデザインし二俣瀬蔵のものと区別して売りはじめる。
昭和7年 本社を厚狭に移し、永山酒造合名会社を設立する。
昭和20年 三代目 永山憲一郎 社長社員となる。
昭和33年 四代目 永山惣五郎 社長社員となる。
昭和53年 関東市場へ進出。
昭和56年 本格米焼酎「寝太郎」製造開始。全国に販売する。
平成8年 果実酒製造開始。「山口ワイン」発売。
平成11年 五代目 永山純一郎 代表社員となる。
山口ワイナリー開業。
平成14年 三隅酒米グループの酒米使用 清酒「山猿」発売。
平成19年 経済産業省「中国地域の歴史ある企業選」選定企業となる。
平成21年 全国新酒鑑評会にて「山猿」最高位 金賞受賞
平成26年 全国新酒鑑評会にて「山猿」最高位 金賞受賞
このページの先頭へ